節約もどきのアラフィフ主婦

安い服しか買いません。

本当は怖い中古品

こんにちは( 'ч' )

アラフィフ主婦の真瑠です!

 

以前、メルカリ関係の記事で、もともと

私は、「売り専門」だったと書いたこと

あるのですが、なぜ「買う」のはダメ

だったからというと……。


私にとって中古品は、「ヤバい」もの。

という意識があったからなんです。


なぜ中古品は「ヤバい」のかというと

それは、こんな体験によるものでした。


私が子供の頃のことです。

幼稚園で、金属でできた柵の扉を他の

男の子が乱暴に閉めた時、私はその扉に

指を挟まれてしまいました。


血がでて、結構なケガでした。

幼稚園の先生とそのままバスに乗って

お医者さんに行った記憶があります。


お医者さんにはその後も数回通わなけれ

ばならず、だいたい週末に父親に連れら

れて病院に行きました。


私の実家は、当時新興住宅地で、周りに

一般住宅はたくさんあるものの、お店や

病院が歩いていける範囲に全然ない、

不便な住宅地なのです。


加えて私の母は、車が運転出来ないので

父が週末に病院に連れて行くしかなかっ

たのです。


さて、私は子供だったのでわからなかっ

たけれど、この頃、父と母はとても強い

不安を持っていました。


それは……。


「なぜこんなにも毎週、毎週病院に行

かなければならないのだろう。

なにかに呪われているんだろうか?」


そう、

この頃、この私のケガばかりではなく、

家族が次々と病気を発症し、なにかに

つけ病院に行っていたらしいのです。


私の兄が「急性腎炎」で赤十字病院

1ヵ月入院したのもこの頃でした。


どうにかしなければいけないと考えた

父母は、ある日神主さんに来てもらい、

「お祓い」をしてもらいました。


しかし、それでも状況は良くならず、

ひたすら病院に通う日々が何年か続き

ました。


最終的に、それまでひたすら家族を

病院に連れていってくれた父が、後続車

に追突され、(幸いむち打ちで済みました

が)車がおシャカになり、それにより

この奇妙な現象もおさまったのです。



そう、原因は「車」だったのです。


我が家の車は「中古車」だったのです。


後でわかったのですが、もとの持ち主は

「お医者さん」でした。


「車」が「病院に行きたがったんだ。」


というのが、私たち家族の結論でした。


そうでなければ、あれほど病院に行かな

ければならなかった異常な現象が、車を

替えた途端に、ピタリと止まった説明が

つかないからです。

 

そういえば、せっかく治った指を、この

車のドアに再び挟まれたことがありまし

た。

誰もなにもしてないのに、急に閉まって

きたのです。

幸い、なんともなかったけれど、幼心に

「なんか今、このドア生きてるみたい

にわざと挟もうとした……。」

と思ったのを覚えています。


半世紀生きてきて感じたことですが、

「もの」は、生きてはいないものの、

「気持ち」はあるのです。


この車は、きっと前のご主人様と病院に

通う日々が幸せだったのでしょう。


「もの」の「気持ち」が、なにかとてつも

ない大きな力で物事を動かすことがある

のです。

(私たちが、病気になったり、ケガをして

病院に行かなければならないようになっ

たりすることです)


この車のこと以外でも、「もの」の

「気持ち」が、目に見えない力で物事を

動かしていると感じたことが何度か

あります。


「もの」が自分の気持ちをわかってもら

おうと不思議な現象をおこすことさえ

あるのです。


(ちょっと話が外れてきた感あり)


話を戻すと、私は今ではメルカリで

「買う」のも楽しんでいます。

「中古品はヤバい」、と思っていたけど

自分が気にならないものならいいんじゃ

ないかと思うようになりました。

本とかDVDとか、レンタルよりずっと

綺麗でお買い得ですよね。


ただやっぱり「もの」に「気持ち」が

入ってそうなものは避けますけどね。